秋本 悠希 あきもと ゆき 

メゾソプラノ

 

京都市立音楽高等学校を経て東京藝術大学声楽科及び同大学院修士課程独唱科を卒業。学部卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞し同声会新人演奏会に出演。東京藝術大学大学院後期博士課程独唱科に在籍中、英国王立音楽院(Royal Academy of Music)修士課程オペラ科に合格。RAMよりNorman Ayrton Scholarshipの奨学生として選出され、学費全額免除で入学。

 

平成22年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。第17回コンセール・マロニエ21声楽部門優勝、2019年リチャード・ルイスアワード優勝。ワーグナーソサエティコンクール入賞。

平成28年度宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金奨学生。東京藝術大学より長野羊奈子賞、毛利準賞受賞。平成29年度文化庁新進芸術家海外研修制度(短期)研修員及び、平成30年度文化庁新進芸術家海外研修制度(長期)研修員。 

 

第62回芸大メサイア、芸大フィル合唱定期演奏会をはじめ多くのオラトリオ、合唱作品のアルトソリストを務める。株式会社JT主催期待の音大生によるアフタヌーンコンサート、NHK-FMリサイタルノヴァ等に出演。平成26年度芸大モーニングコンサートに出演し芸大フィルハーモニア、尾高忠明氏と共演。平成26、27、29年と東京・春・音楽祭ワーグナーシリーズ『ラインの黄金』『ワルキューレ』『神々の黄昏』に出演しNHK交響楽団、マレク・ヤノフスキ氏と共演。ウィーン国立歌劇場日本公演『ワルキューレ』カヴァーキャスト。ニッセイオペラ『ルサルカ』に出演し読売日本交響楽団、山田和樹氏と共演。2019年リーズ歌曲祭に出演。東急ジルベスターコンサート2019-2020に第九ソリストとして出演。2020年リチャード・ルイスアワード優勝者リサイタル及び、世界最高峰のホールの一つであるウィグモアホールでのリサイタルにて英国デビューを飾る。

 

RAMによるオーディションでAcademy Song Circleのメンバーに抜擢され、多くのリサイタルに出演、

オペラ科公演『セメレ』『イオランタ』 等に出演。2018年、在英日本大使館にて開催された天皇誕生日レセプションに於いて日英両国の国歌を独唱し両国関係者より称賛を得た。

 

2020年3月に行われたオペラ科公演『シェルバン』では初のタイトルロール役を務め、その歌唱力と演技力が高く評価された。

 

これまでに小木谷好美、寺谷千枝子、佐々木典子、イヴォンヌ・ハワード、イアン・レディンガムの各氏に師事したほか、2019年ウィグモアホールにて行われたスミ・ジョーの公開マスタークラスではロンドンの各音楽学校から一人ずつ選ばれた受講生の中で、ロイヤルアカデミーの代表として抜擢された。